動くべきか、動かざるべきか!?

query_builder 2016/09/27
新着情報
 ねこの手整骨院・鍼灸マッサージ院

おはようございます。

ここのところ雨が降らないですね。

暑かろうが何だろうが、雨よりはましというのが私の思いでもあります。

 

今朝は、娘に見送られ気分よく、嫁とは相変わらずかみ合わず言葉なく出勤。

 

電車では、綺麗な女性がなぜか胸元を抑えて完全に横を向いて目を閉じております。

傍らに彼氏がいるわけでもなく、パッと見キスでもするのかといった状況です。

隣のおじさんがその様子に気づき、そわそわちらちらする気もわからなくはありません。

とても気分が悪いようには見えませんからね。おじさん的には真横で電車が揺れるたびに女性の顔が寄ってくるわけですから落ち着きませんよね。肩を貸すくらいなら構いませんが、これはちょっと席を外すかな。

 

さて、街は交通安全週間に入り、テントの前を通る際に町内会のおじいちゃんおばあちゃんの声が聞こえます。楽しそうではございますが、そうなると腰が、背中が、肩が固まって痛いと来院される方が毎回何人かいらっしゃいます。そのたびに「座りっぱなしでは固まりますよ」といった話をさせてもらうのですが、私なんかは同じ姿勢がつらくて嫌なのになんでそんなに同じ姿勢で平気なのかこちらが不思議に思います。

 

骨や軟骨を考えてみると、私のような中年は変換期にあたり、身体の軸を維持しようとする力と、体重と重力の力がせめぎあっているのでしょう。

筋は酸欠にならないように縮んだり伸びたりしたいのでしょう。

 

高齢者は、ある程度骨や軟骨はつぶれたり減ってきてはいますので体重と重力の力の方向に変形して来ます。それにより筋のバランスは崩れ、頑張るところは酸欠でも頑張り、休んでる所はどんどん小さくなってくように思われます。

骨系の堅いものは高齢になっても代謝をし常に新生されています。が、その回転率は個人差が大きく体重と重力の力に負けて本来の姿勢を維持できなくなります、それに付随した筋は本来のバランスを失って多くの細胞と血液が酸欠になるのに加え、神経の感覚も衰えて痛みが生じるまで時間が掛かる為、長時間同じ姿勢でいられるのではないでしょうか。筋には代謝されない糖も溜まっているでしょうし。

 

そういったものが私のような年代では頑張ろうとする力と、諦めなよという力となり、東洋医学的に正邪が激しく闘争している状態なんでしょうね。

 

ちなみに、私のような状態を東洋的には「実」、高齢者のように正気が減ってきている状態を「虚」といって見立てて、治療や漢方処方の際に診断基準の一つにします。

ねこの手整骨院・鍼灸マッサージ院

住所 〒135-0002
東京都江東区住吉1-19-1-112
アクセス
JR総武線「錦糸町駅」南口下車徒歩9分
都営地下鉄新宿線/東京メトロ半蔵門線「住吉駅」下車【B2出口】徒歩5分
TEL 03-3633-8576
診療受付時間
平日 9:00~13:00 / 15:00~21:00
土曜 9:00~17:00
休診日 日曜・祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1YaFevI

NEW

  • 江東区住吉のねこの手整骨院、年末年始のお知らせ

    query_builder 2021/12/20
  • 江東区住吉ねこの手整骨院水素吸入

    query_builder 2021/12/13
  • 江東区住吉のねこの手整骨院は12/18は休診です

    query_builder 2021/12/11
  • 江東区住吉のねこの手整骨院は12/18は休診です

    query_builder 2021/12/11
  • 江東区住吉ねこの手整骨院からのお知らせ

    query_builder 2021/11/29

CATEGORY

ARCHIVE